妊娠中も働ける?女性にとって働きやすい薬剤師の仕事とは

薬剤師は国家資格であり、結婚、出産をしても働きやすいので、女性にとっては人気の職業であり、薬剤師に憧れる学生も多いでしょう。薬剤師の仕事は、病院や企業、調剤薬局やドラッグストアなどがメインになります。病院の院内薬局で働くと、夜勤もありますが、調剤薬局や企業に勤めれば夜勤などもありませし、残業も少ないので定時に仕事を終えることができるでしょう。

 

薬剤師の仕事は、薬を調合するだけではなく、患者さんに薬の情報をきちんと提示して、説明するインフォームドコンセントを行うことが大切になってきているのです。今の時代、患者さんが治療を選べる世の中になってきていますし、薬に関しても、患者さんの希望で値段の安いジェネリック医薬品などに変更することもできます。また薬を使って症状はどうなったかなどを確認することも、薬剤師の重要な仕事の一つなのです。

 

立ち仕事でも働きやすい薬剤師は妊娠中でも心配なし

薬剤師は妊娠中でも働ける?

薬剤師の半数は、調剤薬局で働いていると言われるほど、調剤薬局の数は増えてきています。
以前は院内処方が主流でしたが、医薬分業制度により、病院では処方箋だけをもらい、近くの薬局で薬をもらうという流れが一般的になっています。

 

調剤薬局での働き方は、正社員はもちろんですが、パートタイマーの主婦なども多いです。
また薬剤師は妊娠中でも働ける?と疑問に思う人がいますが、健康な妊婦さんであれば、産休に入るまで、通常通り薬剤師として働いている人がほとんどでしょう。

 

立ち仕事が主になりますが、重たい荷物などを持つこともほとんどありませんし、動く距離も少ないので、体への負担は最小限に抑えることができると思いますよ。
正社員として、薬剤師で働いていれば、産休はもちろん、育休もしっかりと取得することができる会社が多いので、妊娠、出産を機に辞めなくてもすむでしょう。

薬剤師は妊娠を機に退職をしても、また転職できるのか?

薬剤師は女性の割合が多く、結婚、出産して家庭に入ってからも働きやすい職業であると言われています。正社員としての働き方だけでなく、パートタイマーとしての働き方も可能なので、午前中だけとか、週に2〜3回だけなども選べるのです。また土日は子供がいるので仕事できないという人でも薬剤師であれば、平日だけの仕事もこなせるでしょう。

 

パートでも他の職種に比べて時給が高いのもメリットの一つです。また薬剤師は家庭や育児が両立できるまでは、退職していて、落ち着いてから転職するという人も少なくないんですよね。なぜなら薬剤師はブランクがあっても、転職の時に不利になることがあまりないからです。

 

妊娠して退職しても薬剤師として諦めるのはまだ早い!

妊娠を機に退職しても転職しやすい薬剤師

薬剤師の免許は一度所得すれば、いつでも使えるものですし、新しい薬剤がたくさん登場しているとしても、事前にしっかりと勉強をしておけば、特に仕事上問題はないのです。
また薬の勉強会などは、調剤薬局や病院で働いている場合、定期的に行われるので忘れた知識をすぐに取り戻すことは容易でしょう。

 

もちろん妊娠、出産をしても、すぐに職場に復帰する人もいますが、人それぞれ事情は違いますよね。
妊娠して退職して、もう薬剤師としては諦めたというのは早いと思います。生活に余裕が出てから、仕事に復帰するというのも、育児優先の生活スタイルであれば仕方のないことでしょう。ただあまりにブランクが長いと、コンピューターの導入化についていけなかったり、全ての薬が新しくなっていたりする場合もあります。

 

年齢も高くなってしまうと、採用されにくい可能性もありますので、あまり大きなブランクは開けない方が望ましいかもしれませんね。ただ妊娠して退職したらもう薬剤師として転職するのは無理ということは絶対にありませんので、安心してください。

復帰転職がしやすい薬剤師は主婦にも人気

薬剤師は復帰転職がしやすい職業と言われています。職種によっては一度仕事を離れてしまうと、なかなか復帰しにくかったり、ブランクが転職の不利になったりしてしまう場合があるでしょう。しかし薬剤師の場合は、妊娠や出産、育児などのある程度のブランクがあったとしても、仕事に復帰転職しやすいので、女性が長い間社会に出ることができるでしょう。

 

国家資格の薬剤師免許があれば、調剤薬局や病院、企業など様々なところで仕事をすることができるでしょう。特に調剤薬局での仕事が増えてきており、半数以上の薬剤師は調剤薬局で働いていると言われているほどです。調剤薬局での仕事は、病院や診療所などで、受け取った処方箋に基づいて薬を調剤する仕事になります。また薬の内容をきちんと患者さんに伝えることも重要な仕事に1つと言えます。

 

夜勤や当直がなく結婚や妊娠しても働きやすい調剤薬局

女性が結婚しても働きやすい調剤薬局

調剤薬局で働く薬剤師は、正社員だけでなく、パート・アルバイトや契約社員などの働き方も多いので、女性が結婚しても働きやすい環境があると言われています。
その理由の一つとして、夜勤や当直はないことでしょう。病院内の薬局であれば、病床を抱える場合、どうしても月に数回は当直を行わなければなりません。しかし小さい子供がいる主婦層の薬剤師の場合、当直で働くのは非常に大変でしょう。

 

そこで時間を短縮して働いたり、平日の午前中だけに時間を絞ったりすることで、自分のライフスタイルを変えずに仕事を復帰することができるのです。今までのキャリアがあれば、転職も有利ですし、結婚していることや、小さい子供がいることが不利になることは少ないでしょう。また通常のパート・アルバイトよりも時給が高いですので、稼ぎがよいのも嬉しいですね。人の役に立つ仕事ですので、やりがいを感じることもできます。